交通事故治療

交通事故治療について

交通事故に遭い、病院に通っているけれど、「本当に改善するのだろうか!?」という不安を
抱えていらっしゃる方が多いのではないでしょうか?
レントゲンは骨の異常を見るものなので、筋肉や神経の異常は見逃されがちで、
それ以上は何も治療してもらえないということがよくあるようです。
交通事故時の大きな衝撃による頚椎のゆがみにより、筋肉は緊張状態にあります。
そしてその緊張が神経を圧迫し痛みへとつながるのです。

交通事故総合治療センターでは、筋緊張をゆるめ歪みを正しい位置へ戻し、根本的な痛みの原因となっている部分に
直接アプローチする施術を行います。

ぜひ、交通事故総合治療センターのむちうち改善専門プログラムをお試し下さい!

交通事故のこんな症状で悩んでいませんか?

整骨院でも交通事故治療ができます

自賠責保険適用で窓口負担0円
整骨院でも自賠責保険による施術が可能です!
転院・併院ができます
他の病院(整形外科、整骨院等)に通院されている方も、転院・併院が可能です!
丁寧なカウセリングでお悩みを解決
痛みや不調のことから、保険のお悩みまで、じっくりお話しを伺い、解決のお手伝い

実際に交通事故でケガをしてしまった場合はどうすればいいの?

まずは当院にご連絡ください

加害者の情報をメモ(免許書・車のナンバー!)
加害者の運転免許証を見せてもらい、住所・氏名を確認。車のナンバーも必ず控えておきましょう。
交通事故証明を申請する
加害者は事故の報告をする義務がありますが、被害者からも届出を忘れず行いましょう。
事故に遭ったすぐは症状が出ていなくても、後々痛みが出ることもあります。
必ず届出を行い、『交通事故証明』を申請してください。これは保険金の請求手続きの際に必要になります。
医師の診察を受ける
“たいしたことはない” と思っていても、意外に重症である場合もあります。
事故に遭ったら専門家(医師・柔道整復師など)の診察を受けることが大切です。
また診断書を発行してもらい、必ず所轄の警察へ提出してください。
診断書を提出しないと人身事故の扱いになりません。
診断書を提出することで、自賠責保険への治療費の請求が可能となります。
保険会社へ連絡し事故の状況を報告
自分の加入している自動車保険会社や代理店へ、事故に遭遇し被害者になってしまった旨を報告してください。
搭乗者保険を掛けている場合、運転者のみならず同乗者にも入院や通院時の医療補償がついていますので、
請求することができます。
ご自身が治療を受ける場所を連絡
保険会社の担当に通院(入院)する医院を伝えてください。
あくまでも通院(入院)する医院は患者さんが決めるものですので、
救急車で運ばれた病院にしか通院(入院)できないということはありません。

早期治療と状態に合わせた治療


鍼灸サロンHITOHARI~ひとはり~

綜合治療センター札幌西

綜合治療センター麻布十番

交通事故綜合治療センター

住所 〒006-0804 北海道札幌市手稲区新発寒4条3丁目14-10 住所 〒106-0045 東京都港区麻布十番2-13-2 アザブクマイビル601号 札幌:011-694-7707 / 東京:090-7656-0358

診察時間 診察時間のご案内 ※ご予約に関してはお問い合せください

 
9:00~17:00
17:00~20:00
採用情報 よくある質問
治療院案内 お客様の声
「電話では話しづらい」
「診療時間外で問い合わせしたい」など
メールでのお問い合わせはこちらからお願いします。
メールでのお問い合わせはこちら
Copyright© 2013–2017 綜合治療センター札幌西・綜合治療センター麻布十番 / 交通事故綜合治療センター All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - hokkaido navi - iChild